バナーができたよ!やったねたえちゃん!

リアルでもネットでも空気な変態が、ゲームやアニメについて能書きを垂れる紳士の社交場

【RPGツクール関連】
 作品一覧
 ブログ内記事はこちら

最新の記事

【神プロ】ミラクルチケット (08/16)  東方タワーディフェンス アイギシュ (08/15)  C92レポート (08/13)  パンヤの思い出 (08/12)  犬山旅行記 (08/11)  【ガルシン】夏休みでデスマーチ (08/05)  【花騎士】スペチケ、衣装変更実装、生放送等々 (07/31)  アルプスと危険な森 (07/30)  【神プロ】10日間プレイして (07/29)  神プロは神ゲー……神プロは神ゲー…… (07/24)  今さらエロブル (07/22)  2017年7月アニメまとめ (07/16)  【花騎士】この壺を買えば無料でスク水スモックロリが手に入るカモ (07/15)  魔王の始め方 (07/12)  【LC】最終決戦へ (07/09)  2017年4~6月アニメまとめ (07/01)  きららオールスターでゲーム化?どうせ釣りだろ… (06/26)  【10作目】Little Carnival(仮) (06/23)  【戦艦少女R】ver.3.0 (06/17)  【MV】踏ん張りどころ (06/11) 

記事一覧はこちら

最近のコメント

【神プロ】ミラクルチケット(08/18) 蒼穹のセツナ 【神プロ】ミラクルチケット(08/18) くりちほ 【神プロ】ミラクルチケット(08/17) 名も無き紳士 【神プロ】ミラクルチケット(08/16) くりちほ 【神プロ】ミラクルチケット(08/16) 名も無き紳士 【神プロ】ミラクルチケット(08/16) 名も無き紳士 【神プロ】ミラクルチケット(08/16) 名も無き紳士 【神プロ】ミラクルチケット(08/16) 名も無き紳士 【神プロ】ミラクルチケット(08/16) 名も無き紳士 C92レポート(08/16) くりちほ C92レポート(08/15) 名も無き紳士 犬山旅行記(08/13) くりちほ パンヤの思い出(08/13) くりちほ パンヤの思い出(08/13) 名も無き紳士 犬山旅行記(08/13) 名も無き紳士 パンヤの思い出(08/13) 名も無き紳士 パンヤの思い出(08/12) 名も無き紳士 パンヤの思い出(08/12) 名も無き紳士 パンヤの思い出(08/12) 名も無き紳士 犬山旅行記(08/12) くりちほ 

黒歴史を紐解く

  1. 名前: くりちほ 2014/08/13(水) 19:36:58
    140813AB.jpg  

    本当は思い出のレトロゲームということでRPGツクール3の紹介でもしようと思ったけど、
    せっかくなので今までやったRPGツクール全部について、黒歴史を振り返ってみようと思う。

    今まで書いた記事で一番画像が多くなったが、まあ軽い画像だから大丈夫だろう。(慢心)
     

     
     
     
    ■RPGツクール3(PS、1997年発売)

    記念すべき初ツクール。

    自分でRPGが作れる!!というのがとにかく新鮮で、相当に没頭した記憶がある。
    高校生の頃だったかな。

    ツクール3はCS用としては評価の高いソフトで、取っつきやすさが何よりの特長。
    今思えば入門用として最適だった。
    逆にデフォRPG以外の作品を作ることは非常に難しく、特に変数が無いのが致命的。


    このツクール3で俺が作ったのは3作品。

    1作目は初めてということもあり、とにかく思い付くままにネタを詰め込んでいた。
    当時64のゼルダにハマっていたので、主人公はリンクでナビィとかエポナも仲間にいたな…。
    他にもシュウ(アーク2)やラケシス(FE)やフーディン(ポケモン)とか、好きなキャラを突っ込んだだけだった。
    シナリオは覚えていないが、どうせロクなものじゃなかっただろう。

    2作目はなんかくノ一モノだった気がする。

    3作目のタイトルは『エナビア記』
    これでピンときた人はかなりの通だと思うが、FFTの二次創作です。
    FFTにはおまけのサウンドノベルがいくつかあり、そのうちの一つがこのエナビア記。
    貴族の娘ルーシアが、片想いの相手への妄想や煩悩をひたすら書きまくるという内容の、頭の悪いノベルである。
    俺はこれが大層好きだったので、ツクールで二次創作を作っていた。



    ■RPGツクール4(PS、2000年発売)

    ついに変数が導入され、戦闘システムはまさかのサイドビュー&ATB!!
    これは
    神ツクールktkr!!?

    …と発売までは思っていました。

    蓋を開けてみればバグやおかしな仕様が非常に多い上、容量をバカ食いするクソゲーだった。
    町や洞窟を一つ作っただけでメモカがパンパン。
    フィールドマップなど作ろうものなら、それだけでゲームが終了するレベル。
    結局、デフォで入っているマップをそのまま使うしかなかった。


    こんなクソゲーでも、一応1作品は完成させていた。

    内容は覚えていないが、俺にしては珍しく完全オリジナルだった気がする。



    ■シミュレーションRPGツクール(PS、1998年発売)

    PSのツクールを話すついでに、これにも触れておこうか…。

    FEと伝説のオウガバトルを足して20で割ったようなSRPGが作れるソフトである。
    「SRPGを作る」ということの需要はかなりあったと思うが、いかんせんこれまた糞すぎた…。
    イベント作成機能がお粗末で、SRPGで作りたいと思うようなイベントはだいたい作れない。
    戦闘は完全オートな上、ステータス成長率の関係でゲームバランスの調整が無理ゲー。
    そして例によって少ない容量。

    ただし、グラフィックと音楽のクオリティだけは異様に高かった。
    素材だけ吸い出して他のツクールに流用したいレベル。


    これについても、一応1作品は作った。
    主人公がネクロマンサーで、仲間がゴーストやスケルトンばかりという悪趣味なゲームだった。



    ■RPGツクール2000(PC、2000年発売)

    これ以降、俺の中で「RPGツクール=PC版」という観念ができあがる。
    それだけ衝撃的な出会いだった。
    なんと言っても、画像や音楽などの素材が自由に増やせるということに尽きる!
    CS版のツクールではパロディをやるにしても「何となくそれっぽい?」ものを使うしかなかった。
    それがより本物に近いものが使えるわけだから、パロディ好きとしては感動ものである。

    もちろん著作権的には真っ黒だが、この頃はリアルの友人や妹くらいにしか見せてなかったので
    まあ個人的オナニーの範囲内だろう。


    ツクール2000では4作品(+未完成1)を作った。


    140813T.jpg 

    1作目は初めてのPCツクールということで、例によって何でもかんでも詰め込んだ作品だった。
    たしか兄妹モノだったと思うが、シナリオはだいぶシリアス寄り。
    おそらく今までに作ったゲームの中で、最もシリアス&厨二度が高かったと思う。
    仲間との好感度でEDが変わるという、スターオーシャンのパクリみたいなものもあった。

    真面目なゲームほど、後で見返すといたたまれなくなるんだよな…。完全に黒歴史だ。



    140813R.jpg 140813S.jpg 

    2作目は、ツクール3で作った『エナビア記』のリメイク。
    エクスデスにさらわれた片想いの人を助けるという、よく分からないゲーム。
    どこかで見たような風景とどこかで聞いたような音楽が満載。
    当時はクローンゲームにハマっていた時期だったので…。

    ちなみにアレックスが初登場した作品でもある。
    今思えば、彼の立ち位置はこのときすでに完成されていたな…。進歩が無いとも言うが。


      
    140813G.jpg 140813O.jpg  

    次に作ったやつは、完全にパロディ全開のお祭りゲーだった。
    この頃から、もうまともなシナリオを考えるのは放棄した。

    主人公は久々にリンク。あとはその辺のキャラを適当に。
    これを作ったのは10年くらい前だと思うが、やはり時代を感じる…。
    シスプリ終わったのっていつだったっけ…。



    140813H.jpg 

    ツクール2000で最後に作ったゲームも、やっぱり方向性は前作と同じ。
    主人公は聖剣3のリースで、仲間はドラえもん、ポップ(ダイ大)、6号さん(ぱにぽに)、翠星石(ローゼン)、くさちほ(瓶詰妖精)等々…
    まったく節操が無い。



    140813AA.jpg 140813W.jpg 

    そしてこれは未完成だが、ドラクエ3のパロディも作っていた。
    ただし主人公はスライムナイトで、ネクロゴンド(バラモス城)から旅立ってアリアハンの勇者を倒すという、元ネタとは逆の話だった。
    洞窟やピラミッドなどに店や宿屋があり、イシスやアッサラームなどの町で敵(人間)が出現する。
    マップも結構精密に似せて作ってたなぁ。よくやるわ。



    ■RPGツクールVX(PC、2007年)

    これ以降はブログを書き始めてからのツクールなので、見覚えのある人もいるかも。

    2003とXPを飛ばしてVXにバーションアップしたが、なんと言ってもスクリプトの追加でできることが大幅に増えた。
    というかほとんど何でもできる。(全てはスクリプト職人様々だが)
    2000に比べると解像度が向上したのも地味に嬉しいかも。


    140813I.jpg 140813X.jpg 

    VXでの1作目は『兄妹と愉快な仲間達』
    久々の兄妹モノだった。

    ムスカ、マミさん、レナなどパロディキャラもいるが、2000の頃に比べるとだいぶパロディ要素は減った。
    かわりに変態要素が増えた気もする…。


    140813Y.jpg 

    そして、人気キャラであるオヤジのデビュー作。
    毎回リアクションを考えるのも地味に大変なんです…。


    140813B.jpg 

    クリア後に裏ダンがあって、最後までいくと楽屋裏&鬼畜裏ボスという流れができたのもここからかな。
    同時にインフレの始まりでもある。

    現在、リメイク案を(脳内で)密かに計画中…かも??



    140813C.jpg 140813E.jpg 

    2作目は『ラピ☆だん』。一応前作の続きっぽい?
    何を思ったか急にダンジョンRPGが作りたくなったので、ムスカを主人公にして作ってみた。
    これは色々あって難産だったが……まあよい経験です。


    140813F.jpg 

    ランダムエンチャント、スキルツリーなどのシステムを初めて導入した作品。
    この頃はまだキャラメイクは無かった。
    今思えば、ソーンストラーナのプロトタイプ的なものかもしれない。



    140813J.jpg 140813K.jpg 

    3作目は『しろクロ』
    これまた突然SRPGが作りたくなったので、スクリプトを利用して作ってみた。
    ちなみにこれも兄妹モノ。

    さすがにSRPGを作るツールではないため、仕様の限界というか、気に入らない部分も多かったのは否定できない。
    でも作ること自体はとても楽しかった記憶がある。

    これ以降はパロディ要素はかなり少なくなったな。
    スポット的に見覚えのあるものが出てきたりはするけど、昔に比べれば大人しくなったもんだ。



    ■RPGツクールVX Ace(PC、2011年発売)

    これが現行のツール。
    VX無印に比べてデフォでできることが多くなった。
    例えば魔法反射やTPなど、RPGなら普通は使いたい要素がスクリプト無しで可能になった。
    スクリプトは競合などの問題もありできる限り削りたいので、嬉しい変更だった。


    140813L.jpg  140813M.jpg 

    Aceの1作目は『Girls Meets!』で、『Girls Carnival!』 のリメイク元。

    PTが全員女の子という、百合をテーマにしたRPG。
    ゲームシステム自体は、スキルがツリー式な以外は至って普通だと思う。
    モンスターが女体化するのも我々の業界ではよくあること。

    GCのリメイク元であるが、GCではリストラされたり別人になってるキャラもいたりする。
    もちろん、この時はカルアに妹がいるなどという設定は一切無い。



    140813Z.jpg 140813A0.jpg 

    2作目は『Sister Meets!』(未完成)で、前作GMの外伝的なもの。
    「姉妹百合っていいよね!」という思い付きからカルアに妹がいることになり、
    その妹、クレイジーサイコシスターことクルミが主人公に。
    流行のクエスト制なども導入してみた。

    中盤では前作主人公が仲間になるという胸熱の展開も!?

    …という予定だったが、諸事情により頓挫。
    クレイジーサイコシスターはこのまま闇に葬られるかと思われたが……



    140813N.jpg 

    3作目は『Ralf-un-Real』
    今まではせいぜいブログでの内輪にしか発信していなかったが、以降はふりーむで公開するようになった。
    モチベーションが上がる面もあれば萎える面もあり、個人的にはかなりの冒険だった。

    ちょうど2013年の春頃、PSPのダンジョントラベラーズ2にハマり、気がついたら作り始めていた。
    3DダンジョンにCTBとシステム的にはかなり無理をしていると思う。
    その弊害も色々出てきたので、今後はあまりデフォから外さないようにしたい。
    キャラメイクシステムを初めて実装した作品でもある。



    140813P.jpg 

    4作目は『Girls Carnival!』
    この辺はごく最近なのでさらっといきたい。

    GMとSMを統合し、著作権的に問題な部分を全カットしたリメイク作。
    リメイク案は前々からあったが、桜Trickで百合熱に再び火がついたので作ってみた。
    変態だけどRPGとしては王道だと思う。

    ドロップ宝箱からのランダムアイテムは、ラルフの時のシステムを応用して作った。
    ハクスラじゃない普通のRPGとはあまり相性が良くないかもしれないが、やっぱり何かしらランダム要素は欲しい。



    140813Q.jpg 

    Ace5作目、現在最新作の『ソーンストラーナ』
    固定キャラ無しのDRPGを作ってみたかったので…。

    パロディも妹も百合も変態もほぼ無しというのは、自分の作品としては極めて異例。
    こういうのを作ることは今後二度と無いかもしれないなぁ。

    コメントを書き込む コメントを読む(16) トラックバック(0) [ツクール]

コメント

  1. 名前: 名も無き紳士 ◆- 2014/08/13(水) 20:12:51 URL [ 編集 ] [No.6010]
    最新3作みたいなオリジナル寄りのほうが珍しかったんですね
    くりちほさんの作品は爽快な戦闘バランスや育成装備集めが楽しいのでまた次回作があるようなら楽しみにしてます
  2. 名前: 名も無き紳士 ◆- 2014/08/13(水) 21:13:10 URL [ 編集 ] [No.6011]
    兄妹モノのゲームを作って妹に見せるとは、さすがですお兄様。
  3. 名前: くりちほ ◆L1ch7n1I 2014/08/13(水) 22:58:14 URL [ 編集 ] [No.6012]
    >>2
    昔はパロばかり作ってましたからね。
    ネタに走るのは相変わらずですが、これでも昔に比べるとだいぶまともになった……のかな?

    バランス調整などは場数を踏むしかないと思うので、これからも精進したいですね。

    >>3
    お兄様「おいおいよさないか。こまったなぁ」
  4. 名前: 名も無き紳士 ◆- 2014/08/13(水) 23:36:28 URL [ 編集 ] [No.6013]
    『兄妹と愉快な仲間達』から全部プレイさせてもらっていますが、
    『Girls Carnival!』の敵が倒せずに止まっています。。。
    『ソーンストラーナ』もプレイしたいです!
  5. 名前: 名も無き紳士 ◆MOXVAk4U 2014/08/14(木) 00:27:41 URL [ 編集 ] [No.6014]
    見てるとくりちほさんの過去作もやってみたいと思ってきた…
    そして桜Trickの名前をこんなところで見れるとは思いもしなかったぞぉ!
  6. 名前: 名も無き紳士 ◆- 2014/08/14(木) 05:38:13 URL [ 編集 ] [No.6015]
    SFCのRPGツクール2がでかいカードリッジなのを思い出した
    投げ売りされていたのを購入して
    そこら中にイベントマス設置するだけで満足してたなぁ…
  7. 名前: ななs ◆wLMIWoss 2014/08/14(木) 18:55:10 URL [ 編集 ] [No.6016]
    実妹がいる・・・だと・・・!?

    これはあかんことやってそうや・・・
  8. 名前: くりちほ ◆L1ch7n1I 2014/08/14(木) 20:11:39 URL [ 編集 ] [No.6017]
    >>5
    おお、兄妹~からプレイして頂いているとは。
    作ってから時間がたった作品は、どれもこれも黒歴史に見えてきて困る…。
    気分的にはラルフあたりまですでに黒歴史です。

    楽屋裏以降のボスは基本的に鬼畜なのでスルーでも良いかもしれませんよ。

    >>6
    桜Trickは今年一番ツボにはまったアニメ!
    百合の素晴らしさを再確認した。

    >>7
    2まではSFCでしたね。
    評判もなかなか良いようで。

    >>8
    「リアルで実妹がいる人間に妹萌えはありえない」
    という偏見には断固対抗していく所存です!
  9. 名前: 名も無き紳士 ◆- 2014/08/14(木) 22:00:51 URL [ 編集 ] [No.6018]
    アニキ……いよいよコミケですね。
    アニキのことだから心配はいらねぇかも知れやせんが、熱中症対策は万全で楽しんで来てくださいよ……。

    ……妹っぽく行こうかと思ってたのに、何故か舎弟になってしまったんだ。
    すまない。
    そんなわけでくりちほ兄チャマ、気を付けて行って来てくださいね!
  10. 名前: くりちほ ◆L1ch7n1I 2014/08/14(木) 22:30:47 URL [ 編集 ] [No.6019]
    >>10
    アニキといわれて真っ先に鈴凛を思い出す俺は勝ち組!!

    なんだかんだでシスプリの影響は根強い…。

    今年も蒸し暑い夏コミになりそうですね。
    また館内に雲が発生するのか…。
  11. 名前: 名も無き紳士 ◆- 2014/08/14(木) 22:39:50 URL [ 編集 ] [No.6020]
    こういう記事良いですねぇ、いちユーザーとしては興味深いところがあったもので

    僕も「兄妹と愉快な仲間達」からプレイさせてもらっていますが、
    毎回戦闘のバランスがいい感じにムズい、ボキャブラリー不足の為表現が難しいですが、
    恐らくRPG好きな人にとっては、普通と難しいの間のギリギリの美味しいバランスに作られているので、プレイしてハマっていくとフリーのゲームとは思えない充実感、達成感があるんですよね
    個人的にはまたパロ色の強いモノとか、くりちほさんの考えとは逆のようですが、3Dダンジョンのラルフ2的なゲームも是非やってみたいですね

    にしても妹&百合好きがここまで一貫してブレていないのはさすがですお兄様
  12. 名前: くりちほ ◆L1ch7n1I 2014/08/15(金) 02:08:38 URL [ 編集 ] [No.6021]
    >>12
    私はもともと大ダメージで悦に浸る火力厨な部分があるので、いかにそれを抑えてバランスを取るかに苦労しました。
    コンセプトとしては、レベル上げやアイテム漁り無しで進むとボスがきつい…くらいのバランスが目標。
    レベル上げしてもEDまでたどり着けないようだと、プレイヤーを選びますからね。

    アニメとかゲームのネタを拾ってきて突っ込むのは大好きなんですが、それをやると間違いなくふりーむでは公開できませんね。
    別にそこまで大勢の人に見てもらいたいわけでもないので、昔のようにブログだけの公開に戻ってもいいかもしれませんが。

    最近はちょっと妹成分が不足してるな…。
  13. 名前: 名も無き紳士 ◆mQop/nM. 2014/08/15(金) 22:02:30 URL [ 編集 ] [No.6023]
    ラルフはプレイ済みで最近ソーンストラーナを始めました(先ほどラスボスを倒しました)
    ジョブチェンジ的なものが大好物なのでクリティカルヒットしてます
    (ゲームはボス倒したりよりもジョブの組み合わせやサブクラスとか考えてる時が一番楽しい・・・)

    私は実妹がいるのでどうしても兄妹物にはアレルギーがあるのですが(ネタ的なのは無問題 ガチ恋愛になるとちょっと)
    まさかそれが無い人間が存在したとは・・・恐ろしいですお兄様
  14. 名前: くりちほ ◆gFzsGzV. 2014/08/15(金) 22:37:59 URL [ 編集 ] [No.6025]
    >>14
    キャラメイクできるRPGは、職業とかスキルの組み合わせを考えるのが一番楽しいですよねー。
    買った初日はだいたいそれで潰れる…。

    エロゲで妹を攻略したとしても、別にリアル妹との関係が変わるわけじゃないですからね。
    まあうちの妹は小さい頃からの英才教育の賜物で、自分と同じようにゲーマーで仲も悪くないからかもしれませんが。
    PS2に「Φなるあぷろーち」という名作実妹ギャルゲーがありますが、妹も面白いと言ってプレイしてました。
  15. 名前: 名も無き紳士 ◆- 2015/11/28(土) 13:31:18 URL [ 編集 ] [No.7355]
    フーディンと織田信長はどんな化学反応起こすんだろかw
  16. 名前: くりちほ ◆L1ch7n1I 2015/11/28(土) 20:44:42 URL [ 編集 ] [No.7362]
    >>16
    この頃に比べれば、自分もずいぶんまともなゲームをツクるようになったと思います。

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と