バナーができたよ!やったねたえちゃん!

リアルでもネットでも空気な変態が、ゲームやアニメについて能書きを垂れる紳士の社交場

【RPGツクール関連】
 作品一覧
 ブログ内記事はこちら

最新の記事

2017年10月アニメまとめ (10/15)  新作、事前登録まとめ 171009版 (10/09)  【シャドバ】星神の伝説 (10/08)  2017年7~9月アニメまとめ (10/04)  【アズレン】新任提督の1週間 (10/01)  アズールレーン (09/26)  【LC】果ての果てまで (09/24)  ReBless リブレス (09/22)  【花騎士】ミント団長の悲願が今ここに…!! (09/19)  モバイル版ROをプレイしてみた (09/18)  【神プロ】3ヵ月目のANT (09/17)  【シャドバ】次は何バースになるのかな? (09/13)  【LC】エターナルカーニバル (09/10)  【ガルシン】天使に捧げる鎮魂歌 (09/05)  オトギフロンティア (09/03)  【花騎士】フラワーナイトガール 公式騎士団協議会#8 (08/28)  【千年戦争アイギス】スク水ポーラとか別に欲しくなかったし!! (08/27)  【oβ】万物乙女☆ダンジョンズ (08/22)  【oβ】キルドヤ (08/21)  新作、事前登録まとめ (08/19) 

記事一覧はこちら

最近のコメント

2017年10月アニメまとめ(10/20) 名も無き紳士 新作、事前登録まとめ 171009版(10/19) くりちほ 2017年10月アニメまとめ(10/19) くりちほ 2017年10月アニメまとめ(10/18) 名も無き紳士 2017年10月アニメまとめ(10/18) くりちほ 2017年10月アニメまとめ(10/17) 名も無き紳士 2017年10月アニメまとめ(10/17) 名も無き紳士 2017年10月アニメまとめ(10/16) くりちほ 2017年10月アニメまとめ(10/15) 名も無き紳士 2017年10月アニメまとめ(10/15) 名も無き紳士 2017年10月アニメまとめ(10/15) 名も無き紳士 【LC】果ての果てまで(10/13) 名も無き紳士 【LC】果ての果てまで(10/13) くりちほ 【LC】果ての果てまで(10/13) 名も無き紳士 新作、事前登録まとめ 171009版(10/13) くりちほ 新作、事前登録まとめ 171009版(10/12) 名も無き紳士 新作、事前登録まとめ 171009版(10/12) 名も無き紳士 【LC】果ての果てまで(10/11) くりちほ 【LC】エターナルカーニバル(10/11) くりちほ 新作、事前登録まとめ 171009版(10/11) くりちほ 

夢と欲望のキャラメイク

  1. 名前: くりちほ 2012/09/17(月) 11:45:55
    俺はいわゆる「キャラクターメイキング」が大好きです。
    決められたキャラでゲームをやるより、自分で作ったキャラの方が感情移入できる。
    たとえそれが一切喋らないキャラだったとしても。

    何といっても、自分の趣味嗜好を反映できるのが大きい。
    そのためにはゲームシステム側で幅広い選択肢を用意する必要があるが…。
     



    キャラメイクが盛んなゲームと言えば、まずはネトゲ全般が思い浮かぶ。
    プレイヤーキャラ=自分の分身(アバター)という世界なので、キャラメイクできてナンボだ。

    とはいえ、量産型MMORPGでは髪型と色を10種類くらいから選べる程度のものが大半で、
    理想のキャラを作るには程遠い。
    どちらかというと、追加衣装(当然有料コンテンツ^^^)で外見を差別化したり、
    スキルやステ振りで個性を出すタイプが多いように思う。

    キャラメイクの段階から細かく設定できるネトゲとしては、最近のだと『ファンタシースターオンライン2』とか。


    pso2 

    胸の大きさだけでなく形、向きまで設定できるとは…。
    マニア垂涎ですね。

    グラのクオリティも高く、日本人好みの非リアル系なのでなかなか良いゲームだと思う。


    PC 

    『パーティキャッスル』のように、キャラメイクとコミュニケーションだけで売ってたネトゲもある。
    ターゲットユーザーにコミュ障が多そうな日本市場には合わなかったのか、既に終了しているが。


    英クロ 

    『英雄クロニクル』は変わり種。
    キャラのグラフィック、設定、装備や魔法の名前、セリフ……その他諸々を全てプレイヤーが設定するブラウザSRPG。
    まさに、黒歴史ノートを具現化するためにあるような厨二ゲーである。
    スキル振りなどもなかなか奥深くて一時期ハマった。

    しかし、どんなに設定を凝っても、ゲームシステム的にできることが少なくて遊びの幅が狭いので、
    どうにも長続きしない惜しいゲームだった。



    ネトゲに比べると、CSの一般ゲームはまだまだキャラメイクできるゲームは少ない。
    古くはウィザードリィやドラクエ3の頃から、キャラメイク自体の歴史は長いのだが…。


    とともの 

    『剣と魔法と学園モノ』や『世界樹の迷宮』は、キャラメイク推進派のRPGとして有力。
    主人公パーティが一切喋らず、自由に脳内妄想できるレトロなタイプ。

    ただし、キャラメイクの幅はあまり広いとは言えない。
    2Dグラでキャラメイクやると絵師が過労死するな…。
    パーツ組み合わせのモンタージュ式にすれば、だいぶ水増しできそう。
    『エルミナージュ』のように、プレイヤーに画像を用意させるのもいいアイディア。


    GKH 

    『グランナイツヒストリー』も、キャラメイクの幅としては似たようなもの。
    こちらは声や性格も選べるのがなかなか面白かった。
    やっぱり、主人公が無個性なゲームはキャラメイクと相性が良い。


    白木氏 

    『白騎士物語』はCSのRPGとしてはかなりキャラメイクの幅が広い。
    しかもリアル系の洋ゲーグラではないので、結構貴重な存在。
    これはこれで、個性のある主人公パーティの中で無個性なアバターが浮いてるという問題もあるのだが。
    個人的には発展に期待したい作品ではある。


    太閤 

    『太閤立志伝』や『信長の野望』などの新武将も、ある意味キャラメイク。
    特に太閤は主人公=自分なので感情移入度も高い。
    まあ、PC版だと改造し放題で原型を留めてないことも多いけど。
    『スカイリム』とかも同様。MOD入れすぎてもはや別ゲー。



    最後にエロゲの方も少し。
    エロゲでのキャラメイクは全体から見れば少数ではあるが、一部に強い需要のあるジャンルである。


    たむ カスメ

    3Dエロゲのキャラメイクは発展が目覚ましい。
    有名どころの『人工少女』や『3Dカスタム少女』をはじめ、TEATIMEやKISSからも色々出ている。
    3Dモデリングも、人工少女しかなかった頃は微妙なリアル系だったが、
    最近は上手くデフォルメされて「使える」ようになってきたと思う。


    一方、2Dは一般ゲー同様厳しい状況。


    レイド4 

    実質、KISSくらいしかロクに作ってないんじゃないだろうか。
    エロゲの場合は立ち絵の他にイベントCGもあるから、恐ろしく手間がかかりそう。

    今後の発展を切に願いたいジャンルです。

    コメントを書き込む コメントを読む(2) トラックバック(0) [一般ゲーム]

コメント

  1. 名前: 名も無き紳士 ◆- 2012/09/19(水) 19:41:16 URL [ 編集 ] [No.4222]
    キャラメイクの行き着く先は
    自分自身がゲームの世界へ入っていく電脳SF的な何かだろうか
    そして自分好みに作ったバーチャル嫁とセッ(ry
  2. 名前: くりちほ ◆L1ch7n1I 2012/09/20(木) 01:40:43 URL [ 編集 ] [No.4223]
    >>2
    ソードアートオンラインの世界だな…。
    帰ってこない人間が続出するに違いない。

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と