バナーができたよ!やったねたえちゃん!

リアルでもネットでも空気な変態が、ゲームやアニメについて能書きを垂れる紳士の社交場

【RPGツクール関連】
 作品一覧
 ブログ内記事はこちら

最新の記事

【10作目】Little Carnival(仮) (06/23)  【戦艦少女R】ver.3.0 (06/17)  【MV】踏ん張りどころ (06/11)  【ガルシン】ジューンブライド(拷問) (06/09)  【ToS】新生ToSに潜入・クレリック編 (06/04)  【ToS】新生ToSに潜入・ウィザード編 (06/03)  【花騎士】走れ!スカネの大交流戦 (05/31)  ガルクロ & XenoMagia (05/18)  エミルクロニクルオンラインの思い出 (05/18)  【MV】GW後経過報告 (05/14)  星のガールズオデッセイ (05/11)  【千年戦争アイギス】どんどん割るのです…王子 (05/06)  【思い出のゲーム】ヴィーナス&ブレイブス (05/05)  【千年戦争アイギス】ランク300到達! (05/04)  【MV】GW前経過報告 (04/30)  【ガルシン】イースター狂騒曲 (04/26)  【花騎士】フラワーナイトガール 公式騎士団協議会#7 (04/24)  【MV】俺たちの旅はまだ始まったばかり! (04/16)  2017年4月アニメまとめ (04/16)  【MV】旅立ちのとき (04/09) 

記事一覧はこちら

最近のコメント

【10作目】Little Carnival(仮)(06/24) くりちほ 【10作目】Little Carnival(仮)(06/24) 名も無き紳士 【10作目】Little Carnival(仮)(06/24) 名も無き紳士 【10作目】Little Carnival(仮)(06/24) 名も無き紳士 【10作目】Little Carnival(仮)(06/24) 名も無き紳士 【10作目】Little Carnival(仮)(06/24) 名も無き紳士 【10作目】Little Carnival(仮)(06/23) くりちほ 【10作目】Little Carnival(仮)(06/23) 名も無き紳士 【戦艦少女R】ver.3.0(06/20) くりちほ 【戦艦少女R】ver.3.0(06/18) 名も無き紳士 【戦艦少女R】ver.3.0(06/18) くりちほ 【戦艦少女R】ver.3.0(06/18) 名も無き紳士 【MV】踏ん張りどころ(06/18) 名も無き紳士 【MV】踏ん張りどころ(06/17) くりちほ 【MV】踏ん張りどころ(06/17) 名も無き紳士 【ToS】新生ToSに潜入・クレリック編(06/15) くりちほ 【MV】踏ん張りどころ(06/15) くりちほ 【MV】踏ん張りどころ(06/14) くりちほ 【MV】踏ん張りどころ(06/13) 名も無き紳士 【MV】踏ん張りどころ(06/13) くりちほ 

鋼鉄の騎士

  1. 名前: くりちほ 2013/03/16(土) 09:24:58
    130316J.jpg 

    ガルパンの再開も間近に迫ってますます盛り上がる戦車道ですが、
    俺が戦車にハマるきっかけになった思い出のSFCソフト『鋼鉄の騎士』をプレイ中。
    約20年ぶりのプレイになります。
     




    130316K.jpg 

    このゲームは独ソ戦の中でも、特に戦車戦のみをクローズアップしたSLG。
    SLGとは言っても、一般的なターン制SLGとは一味違う。

    ユニットに移動指示を出す(敵も裏で指示を出している)
      ↓
    全ユニットが一斉に移動
      ↓
    ユニットに攻撃指示を出す(敵も裏で指示を出している)
      ↓
    全ユニットが一斉に攻撃

    という流れで、敵味方の区別なく同時に行動を起こすのが特徴。
    ターン制RTSみたいな感じ?
    敵ユニットは視界に入るまで見えないので移動してみたら側面から現れることもあるし、
    森の中でいきなり至近距離から現れることもある。


    130316C.jpg 

    攻撃は命中判定と貫徹判定の2段階。
    命中率は投影量、距離、練度など、貫徹可否は砲性能、装甲厚、距離などを計算して決定される。
    装甲の傾斜による、いわゆる避弾経始の概念も取り入れられている。
    HP制ではなく貫徹即大破なので、かなり緊張感のあるゲームだ。


    130316G.jpg 

    自分の部隊を率いて戦闘を行うが、搭乗員の育成というSRPG的な要素もある。
    練度の高い搭乗員は命中率や攻撃速度が上がるので、大事にしたいところ。
    とはいえ防御能力は一切上がらないので、一瞬のミスで即死するシビアな世界…。
    ある意味FEより厳しいかも。



    130316D.jpg 130316B.jpg

    このゲームの最初の壁は、何と言ってもT-34。
    開始後数ヵ月で現れるが、その時点でのこちらの主力は3号戦車や4号戦車の初期型。
    至近距離で側面に当てても貫徹できず、相手の砲撃は当たったらほぼ即死。
    まさにT-34ショックを体感できる。


    130316A.jpg 130316F.jpg

    3突や4号のF型以降が出れば何とか倒せるようになるが、それでもキツイ。
    ドイツ戦車は全体的に装甲が薄すぎる。
    そうこうしているうちに、さらに装甲の堅いKV-1も登場して……初心者にとっては絶好の詰みポイントだ。



    130316E.jpg 130316I.jpg

    しかし長い苦難を乗り越え、パンター(パンサー)戦車が開発されると状況は一変。
    今度は逆に圧倒的なナチスの科学力でソ連軍を蹂躙できる。
    このゲームでのパンターの強さはマジ異常。
    3号、4号とは何だったのか。


    130316H.jpg 

    このゲームで最もテンションの上がる瞬間。



    というわけで、古いゲームながらも戦車に興味を持つには十分すぎる作品。
    序盤がかなりしんどいが、その分思い入れも湧くというもの。
    おかげで今でもT-34とパンターは好きな戦車です。
    ティーガーⅠは今一つパッとしなかったが、ティーガーⅡ(キングタイガー)も強かったな。

    コメントを書き込む コメントを読む(0) トラックバック(0) [一般ゲーム]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)




管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と